外国為替証拠金取引(FX)で発生する諸費用

FXは為替差益と受け取る場合のスワップ金利が利益部分ですから、為替レートを見て『安く買って高く売った』と単純に得した気分になるかもしれませんが、FXにもいろいろなコストが発生します。ただ、外貨預金とは違い、数万円の利益を出さないと実質的な利益が発生しないような高いコストではないのでご安心ください。

取引前の初期(準備)費用

FXを始めるには口座を開設する必要があります。その際に預け入れるお金は『口座開設費用』『初回最低預託金』『初回預入金』など各会社によって呼び方が違い、金額設定もまちまちです。
また、取引に必要な資金を『必要証拠金』『必要保証金』といい、一律設定している会社もあれば、取引する通貨ペア、レバレッジ、各種取引コースなどによって設定されています。必要証拠金も口座開設費用と同様、各社まちまちです。

金額の目安 備考
口座開設費用 0円~50,000円が相場
(高い会社は数十万円も)
初回最低預託金、初回預入金とも呼びます
口座開設金を取引証拠金として利用できます。
最低必要証拠金 5,000円~100,000円 一律で設定される会社と取引条件によって
変動する会社があります

実際の取引に必要な運営費用

口座開設後、実際に取引を行う場合には、利益の有無に関わらず取引毎に一定のコストが発生します。

取引にかかるコスト

コストの内容 金額の目安
通常手数料 1回の取引ごとにかかる手数料 片道1万通貨あたり
0円~1,000円
デイトレード手数料 新規注文を出して、その日のうちに決済(売買)し、
取引を済ませた際にかかる手数料
片道1万通貨あたり
0円~1,000円
スプレッド 外貨の売値と買値の差額のことで、
取引会社の外貨売買手数料になる
片道1万通貨あたり
0円~1,000円

口座運用にかかるコスト

コストの内容 金額の目安
入金手数料 取引口座に証拠金を振り込むときの手数料
ネットバンク利用の場合無料が多い
0円~500円
出金手数料 取引会社から利益金などを指定口座に振込んでもらうときの手数料
ネットバンク利用の場合無料が多い
0円~500円
口座維持手数料 口座を維持するために必要な費用。通常は無料ですが取引がない期間が数ヶ月続くと有料になるケースもある。 0円~10,000円

取引会社をトータルコストで選ぶ場合は、為替差益やスワップ益から、こうした諸費用を差し引き、実質的な利益が高くなる会社を選ぶ必要があります。

さて、FXにはトレーダーが適切なタイミングで取引できるよう、さまざまな注文機能が用意されています。基本的な注文方法と機能をしっかり理解しておきましょう。FXの注文方法について

提携FX取引会社一覧

▲このページのトップへ

FX TOP > FXの基礎 > FXの手数料